円広志の246の意味は?年収や失言って?怖い話やとんでとんで~? | 最新のニュースや、気になったニュースをお届けするブログです!

円広志の246の意味は?年収や失言って?怖い話やとんでとんで~?


Sponsord Link


シンガーソングライターで作曲家の、円 広志(まどか ひろし)さん。

 

バラエティー番組に出演するなど、タレントとしての活動もしています。

 

円広志さんの代表曲と言えば、もうだいぶ過去のことですが、

1978年(昭和53年)に第9回世界歌謡祭のグランプリ曲になり、

80万枚のロングヒットを飛ばした、「夢想花」(むそうばな)が有名ですよね。

 

円広志さんの唯一のヒット曲ではあるのですが、日本の音楽レコード史に残る名曲です。

 

作曲家としても、多くの楽曲を作曲提供しており、

森昌子さんの代表曲の一つである、「ヒュ~ルリ~ ヒュ~ルリ ララ~」で有名な、

「越冬つばめ」を作曲し、大ヒットを飛ばしています。

Sponsord Link


  • 円広志さんの、246の意味は?
円広志さんが、いつも胸のあたりにつけている、

246のバッチには、意味があるらしいのです。

 

円広志さんは、デビュー曲となる「夢想花」をヒットさせてからというもの、

その後はなかなかヒット曲が生み出せず、一発屋と言われていました。

 

そんな時に、このままではいけないということで、スタジオを作っています。

 

円広志さんが作った、スタジオの名前が「246」なんですね。

 

246にはどんな意味があるかというと、国道246号線の246です。

 

円広志さんは、四国の高知県出身で、主に関西を拠点に活動しているのですが、

再び東京で勝負したいという思いから、スタジオの名前を、

東京の真ん中を走る、国道246号線からとったということです。

 

2・4・6と、ホップステップジャンプというようなゲン担ぎや、

その他様々な、円広志さんの思いが詰まっているんだそうですよ。



 

 

 
  • 円広志さんの、年収や失言って何?
作曲家として世にヒット曲を飛ばしている、円広志さんの年収ってすごそうですよね。

 

ハッキリとした年収はわかりませんでしたが、

森昌子さんの「越冬ツバメ」の著作権料だけで、年間1,200万円とか、

カラオケの印税収入が、1,500万円~3,000万円以上あると言われています。

 

あくまでも噂ですし、印税収入にもいろいろあるそうなのでわかりませんが、

多額の印税収入があるのは、間違いなさそうですね。

 

カラオケで歌われた場合、歌手じゃなくて、作詞作曲した人に印税が入るらしいですよ。

 

 

 

円広志さんは以前、法律を扱ったトークバラエティー番組の

「行列のできる法律相談所」の準レギュラーだったのですが、

大物タレントの失言を理由に、降板してしまったそうです。

 

ですが番組降板後も、不定期ではありますが、ゲストとして出演はしているようですね。

 

 

 
  • 円広志さんの、怖い話やとんでとんで~?
円広志さんは過去に、作曲をするために東村山を訪れ、

旅館に泊まったのですが、その時に、とても不思議な体験をしたそうです。

 

特にビックリするシーンなどはなく、

円広志さんが体験したことを語っているだけなので、安心してご覧になってください。

 

でも想像すると、ちょっと怖い話です。笑

 



 

 

 

それでは「とんでとんでとんで~」で有名な、

円広志さんの代表曲「夢想花」を、ご覧になってみてください。

 

 

「夢想花」の替え歌は、いくつか種類がありますよね。

 

若い世代の方は、メロディーは知っていても、替え歌しか知らないかもしれませんね。

 

まず2011年から放送が始まった、佐々木希さんが出演していた、

サントリーカロリ。のCM「青空ダンス(軽くもめる)」編をどうぞ。


 

ちなみにこのCMの替え歌も、円広志さんご本人が歌っています。

 

 

 

そして最後に、円広志さんの本場「夢想花」を、歌詞付きでご覧になってください。

 



 

 

これからも、円広志さんのご活躍を期待します。

 

最後まで読んでいただいて、ありがとうございました。

Sponsord Link


次の記事 »
前の記事 »
トップページへ » 最新のニュースや、気になったニュースをお届けするブログです!

この記事へのコメント

最新のニュースや、気になったニュースをお届けするブログです! TOP » 未分類 » 円広志の246の意味は?年収や失言って?怖い話やとんでとんで~?

无觅相关文章插件,快速提升流量

ロスカットルール