夏バテの症状や時期は?下痢や吐き気!頭痛や微熱も?子供も注意! | 最新のニュースや、気になったニュースをお届けするブログです!

夏バテの症状や時期は?下痢や吐き気!頭痛や微熱も?子供も注意!


Sponsord Link


長いようで短い夏ですが、まだまだ暑い日が続きます。

 

夏は楽しいことがいっぱいありますよね。

 

海水浴をしに出かけたり、プールに泳ぎに行ったり、家族旅行やキャンプなんかも最高に楽しいです。

他にも、夏祭りや花火大会、バーベキューなどなど楽しいことが盛りだくさんですよね。

 

 

そこで気を付けなければいけないのが、夏バテです。

 

遊びすぎで体調を崩してしまって、仕事に身が入らないなど、

日常生活に支障をきたしてしまっては、元も子もありませんが、

夏バテには大きな原因の一つとして、

楽しすぎて気づかないうちに溜めてしまった、隠れた疲労によるものもあるんです。

 

基本的に夏バテとは、自律神経の乱れによって、様々な症状を引き起こしてしまうもので、

自律神経の乱れを引き起こす原因の一つになるのが、温度差による体への非常に大きな負担です。

 

クーラーの効いた室内から急に暑い屋外に出たり、その逆も同じことですね。

このようなことを繰り返すと自律神経が疲れて、働きが悪くなってしまいます。

 

水分不足なども原因になり、暑くなると体温を下げようと汗をかこうとするのですが、

体の水分が足りなくなると、それができなくなってしまいます。

 

 

そもそも自律神経とは何なのかというと、自分の意志では調整できない神経のことです。

 

例えば自分の意志で、瞳孔の大きさや、胃腸の働き、血液の流れや、血圧などは調整できませんよね。

 

これらを正常に保ってくれるのが、自律神経の働きなのです。

熱い時は体を平熱に保とうとして汗をかく、寒い時は血管を収縮させて熱を逃がさないようにします。

 

この自律神経に負担をかけるから夏バテが起こり、様々な症状を引き起こしてしまうというわけです。

 

それでは、夏バテにはどんな症状があって、

どのような対策をとって行けばよいのかについて、触れていきたいと思います。

Sponsord Link


  • 夏バテの症状?下痢・吐き気・頭痛・微熱!夏バテの時期は?
夏バテの主な症状には、タイトルにあるような下痢、吐き気、頭痛、微熱が出るなどの症状や、

だるくなる、食欲が出ない、頭がぼーっとして何も考えたくない、めまいがするなどの症状があります。

 

中には、便秘になってしまう人もいるようですね。

 

自律神経の乱れによる、胃腸の働きが悪くなるために起こると考えられるのが、

下痢、吐き気、便秘、微熱、食欲の低下などの症状だと思います。

 

それに伴って、必要な栄養が摂取できなかったり、

水分不足になって、脱水症状を引き起こすことも考えられます。

 

特にこれらの症状がひどい場合や、頭痛や、めまい、頭がぼーっとするなどの症状がある場合は、

脳の異常も考えられますので、夏バテだけを疑わず、病院で医師の診断を受けた方が良いですね。

 

 

 

夏バテが起こりやすい時期については、7月から9月の間に起こりやすいようです。

 

特に6月の梅雨の時期から、7月に入って急に気温が上昇するときなどは、注意が必要です。

この時期は特に湿度が高くジメジメしているので、発汗作用も悪く、体温調節がしにくいからです。

 

夏も終わりに近づいて、9月の秋になる頃に、どっと疲れが出る場合もあるので、気を付けてください。

今まで症状に現れなくても、夏の暑さで胃腸などの臓器は確実に疲れているので、注意が必要ですね。

 

 

 
  • 夏バテは、子供も注意!

夏時期は特に、夏休みなどもありますし、子供は嬉しくて屋外に出る機会も増えると思います。

 

屋外に出る時は、日差しが強いので、帽子を必ずかぶせてあげることと、

水分補給をしっかりさせてあげることが、非常に大切です。

 

急激に汗をかいた時などは、水やお茶だけでなく、スポーツドリンクを飲んだ方が良いですし、

水分補給は一度に済ますのではなく、何回かに分けて行った方が効果的です。

 

この時に注意したいのが、冷たい飲み物やかき氷など、冷たい物ばかり摂取させるのも、

夏バテの原因になるので、控えさせるようにしてください。

 

これらのことは子供だけでなく、大人にも共通して言えることですので、気を付けたいですね。

 

 

それでは最後に、夏バテの対策をまとめてみます。

 

・自分で気づかないうちに、体には負担がかかり疲れているので、しっかりとした休憩や睡眠をとる。

・冷房などの使用を極力控えて、「暑い屋外⇔冷たく冷やした室内」移動を繰り返さない。

・水分を正しく補給する習慣を身につける。

・食事をしっかり摂ってスタミナをつける。特にビタミン、ミネラルを補給する。

・屋外では帽子をかぶるなどの、日よけの対策をする。

 

 

これらのことに注意しながら、上手に夏バテを予防し、

一度しかない今年の夏を、最高に楽しい夏にしていきましょう。

Sponsord Link


次の記事 »
前の記事 »
トップページへ » 最新のニュースや、気になったニュースをお届けするブログです!

この記事へのコメント

最新のニュースや、気になったニュースをお届けするブログです! TOP » 未分類 » 夏バテの症状や時期は?下痢や吐き気!頭痛や微熱も?子供も注意!

无觅相关文章插件,快速提升流量

ロスカットルール