十五夜2013はいつ?旧暦や新暦で十三夜や十日夜は?毎年満月? | 最新のニュースや、気になったニュースをお届けするブログです!

十五夜2013はいつ?旧暦や新暦で十三夜や十日夜は?毎年満月?


Sponsord Link


もうじき「中秋の名月」(ちゅうしゅうのめいげつ)と言われる、

2013年の十五夜がやってきて、お月見を楽しむことができます。

 

十五夜のお月見は、平安時代からあった行事だそうで、

現在では、ススキを飾って月見団子やお酒などをお供えしてお月見、というのが一般的でしょうか。

 

月の見える場所にお供え物をするのは、十五夜、十三夜、十日夜と、

この時期の収穫を感謝することから、収穫物をお供えするという風になったようです。

 

ススキには魔よけの意味があったり、月見団子は十五夜にちなんで15個供えたり、

十五夜を別名「芋名月」(いもめいげつ)と呼ぶ地方もあるそうで、

月見団子の他に、この時期収穫された里芋を供えて、収穫を祝う行事でもあるんですね。

 

今年2013年(平成25年)の、十五夜、十三夜、十日夜を旧暦や新暦でいうといつなのか、

十五夜は毎年満月なのか、などについて調べてみました。

Sponsord Link


  • 十五夜2013はいつ?旧暦や新暦で十三夜や十日夜は?
 

旧暦の8月15日十五夜(中秋の名月)と言われていて、

新暦でいうと、今年2013年の十五夜は、9月19日になるそうです。

 

これは毎年同じわけではなくて、来年2014年の十五夜は、9月8日

再来年2015年の十五夜は、9月27日になるようです。

 

毎年、旧暦の8月15日が、新暦の何月何日が十五夜にあたるのか、

暦をチェックして調べなくてはいけないんですね。

 

 

十三夜は、十五夜の約1か月後にめぐってくるお月見の日、

旧暦の9月13日のことで、十五夜の次に月が美しく見えると言われています。

 

一般的に十五夜にお月見をしたら、十三夜にもお月見をした方がいいらしく、

どちらか片方だけお月見をするのを、「片見月」といって縁起が悪いそうです。

 

十五夜に里芋を供えるので「芋名月」と言いますが、

十三夜には栗や豆を供えることから、「栗名月」や「豆名月」と呼ばれているそうですね。

 

 

十日夜(とおかんや、とおかや)というのは、あまり聞きなれないのですが、

旧暦の10月10日をさしていて、やはり収穫を感謝する行事だそうです。

 

十日夜は、田んぼの神様が山に帰る日で、

お月見というよりは、稲の収穫を感謝するお祭りだそうですね。

 

それではわかりやすく、今年2013年の十五夜、十三夜、十日夜をまとめてみます。

 

十五夜、旧暦8月15日 → 新暦9月19日

十三夜、旧暦9月13日 → 新暦10月17日

十日夜、旧暦10月10日 → 新暦11月12日

 

 

 
  • 十五夜は、毎年満月?
 

十五夜は、毎年満月なんだと思っていましたが、実は違うようです。

 

詳しく話すと非常にややこしいのですが、簡単に説明すると、

地球の周りを巡っている月の軌道の関係上、新月から満月になるまでの日数に誤差があるからです。

 

今年2013年の十五夜は満月になるそうなのですが、

その次に十五夜で満月を見れるのは、8年後の2021年になってしまうらしいので、

今年の十五夜は、ぜひ晴れてほしいですし、お月見をたっぷり楽しんでおきたいですね。

Sponsord Link


次の記事 »
前の記事 »
トップページへ » 最新のニュースや、気になったニュースをお届けするブログです!

この記事へのコメント

最新のニュースや、気になったニュースをお届けするブログです! TOP » 未分類 » 十五夜2013はいつ?旧暦や新暦で十三夜や十日夜は?毎年満月?

无觅相关文章插件,快速提升流量

ロスカットルール