花粉症の9、10、11月秋時期!目のかゆみ、鼻水、鼻づまり対策! | 最新のニュースや、気になったニュースをお届けするブログです!

花粉症の9、10、11月秋時期!目のかゆみ、鼻水、鼻づまり対策!


Sponsord Link


植物の花粉が目や鼻などの粘膜に付着することによっておこる、

目のかゆみ、鼻水、鼻づまりなど、花粉症の症状って本当に辛いですよね。

 

あと、くしゃみが止まらないこともあります。汗

 

 

花粉症が一番つらい時期は、スギやヒノキの花粉が飛び交う

3月、4月、5月位の春時期だと思いますが、一年中花粉症に悩まされる人もいます。

 

では、9月、10月、11月の秋時期には、主にどんな花粉に注意が必要なのか、

非常に辛い目のかゆみ、鼻水、鼻づまり、くしゃみが何とかならないのかなど、

一時的ではあるのかもしれませんが、効果のありそうな対策方法を調べてみました。

Sponsord Link


  • 花粉症の9、10、11月、秋時期に気を付けたい花粉!
 

現在、花粉症で悩んでいる方も、そうでない方も、

9月、10月、11月の、秋時期に注意が必要な花粉は、

主に空き地や土手など、その辺に生えている、草花になります。

 

花粉症を引き起こす植物の種類は、60種類以上と言われていて、

とにかくものすごい数の花粉があるのですが、特に注意したい4種類の草花をあげてみます。

 

お住まいの地域によって、時期は前後すると思います。

 

イネ科の植物。

イネ科の植物は種類が多く、特に秋時期だけでなく、年中注意した方が良いですね。

 

 

キク科ブタクサ属。

道端や河原などにも生えていて、細長く小さい花が沢山咲いています。

 

 

キク科ヨモギ属。

全国あちこちに生えていて、独特の香りがする別名餅草と言われます。

 

 

アサ科カナムグラ。

日当たりのよい道端などに生えていて、葉っぱがざらざらしてあちこちに絡みついています。

 

 

 
  • 目のかゆみ、鼻水、鼻づまり、くしゃみ対策!
 

まず基本的に対策しておきたいことから説明します。

 

・天気予報などをチェックして、晴れていて気温が高くて湿度が低く、

風の強い日の外出をなるべく避けるようにする。

 

・外出するときには、マスクやメガネ、帽子などの保護具を着用し、

花粉のつきにくい服を着るようにしてください。伊達メガネも効果あるそうです。

 

・家に帰ったら、家に入る前に服や髪などについた花粉をよく払ってから家に入るようにします。

 

・自宅に入ったら、顔を洗ったり(特にまつ毛)、

シャワーを浴びるなどするとさらにいいと思います。

 

・花粉はもちろん髪にもつくので、前髪を作らないほうがいいそうです。

 

・家の中に花粉が入らないように、窓やドアを閉めて、開け放さないようにします。

 

・外に干した洗濯物を取り込む時は、花粉をよく払ってください。

 

・加湿器などで湿度を高めると花粉が重くなるし、鼻や喉などのためにもいいです。

 

 

 

それでは、目のかゆみ、鼻水、鼻づまり、くしゃみの対策方法を上げてみます。

 

 

目のかゆみ。

 

・目をこすらずに、まつ毛をとにかくよく洗ってください。

 

・一時的ですが、冷たいタオルをまぶたの上に乗せると効果あります。

かゆみがひどい場合は、何度か繰り返してみてください。

 

・眉尻というか、目頭のあたりをマッサージして刺激する。

 

 

鼻水。

 

・温かいタオルを鼻の上に乗せると鼻水が止まりやすいです。

後、首の後ろを温めても効果あります。

 

・服をもう一枚着て、今よりもう少し温かい服装にする。

 

・口に少量の水を含みます。しばらくそのまま我慢して飲み込みます。

 

・目と目の間あたりのくぼみをマッサージして刺激するといいです。

 

 

鼻づまり。

 

・ペットボトルのようなものを脇に挟む。

右の鼻がつまっていたら、左の脇で。左の鼻なら、右脇で。

 

・息を思い切り吸い込んで、ゆっくり吐き出しきります。

その後息を止めて、鼻をつまんで、ゆっくり空を見上げたら、ゆっくり地面を見るようにします。

苦しくなる限界までやってみて鼻で呼吸をしてみてください。

 

・口の中の上を舌で押さえます。その後眉間を指の腹で押さえます。

それを繰り返してみてください。

 

・小鼻の横あたりの少しくぼんでいるところを、マッサージして刺激します。

 

 

くしゃみ。

 

・くしゃみが出そうになったら、鼻の下を押さえます。

 

 

 

どれも一時的な方法なのかもしれませんが、

いろいろ試してみて、効果のある方法を取り入れてみてくださいね。

 

花粉症の症状がひどい場合は、無理せずに病院に行ってみてください。

 

花粉症というと耳鼻科に行くのが良いのでしょうが、

最近は、花粉症などのアレルギーが多いため、

目に症状がある場合は眼科、妊婦は産婦人科、子供は小児科などでも、

花粉症の受診ができるそうなので、融通が利いて便利だそうです。

Sponsord Link


次の記事 »
前の記事 »
トップページへ » 最新のニュースや、気になったニュースをお届けするブログです!

この記事のコメント

この記事へのコメント

最新のニュースや、気になったニュースをお届けするブログです! TOP » 未分類 » 花粉症の9、10、11月秋時期!目のかゆみ、鼻水、鼻づまり対策!

无觅相关文章插件,快速提升流量

ロスカットルール