秋刀魚のおいしい食べ方や、簡単でおいしいレシピを紹介します。 | 最新のニュースや、気になったニュースをお届けするブログです!

秋刀魚のおいしい食べ方や、簡単でおいしいレシピを紹介します。


Sponsord Link


秋刀魚は秋の味覚を代表する食べ物です。

秋刀魚を選ぶときも、脂がのっておいしいものを選びたいですね。

 

ポイントは5つあります。

 

1、頭から背中にかけて盛り上がり、厚みのあるものを選びましょう。より、脂がのっていておいしいです。

2、魚は内臓から悪くなるので、お腹が硬い秋刀魚を選びましょう。その方がより新鮮です。

3、黒目の周りが濁っていない、透明に澄んでいるものを選びましょう。

4、尻尾をもったとき、刀のように一直線に立つ秋刀魚を選びましょう。新鮮な証拠です。

5、口と尾が黄色いものは油が乗っておいしいと言われていますが、最近はそうではないという説もあるようです。

 

これらをポイントに、スーパーなどでは選んでみましょう。

Sponsord Link



次に、レシピと食べ方ですね。

 

やはり定番は焼さんまです。

大根おろしで食べるとおいしいです。

 

約10~15分前に秋刀魚に振り塩をしておきます。

指の隙間からぱらぱらと均等におとしてます。

頭が左で腹が手前になるように置き×印に切れ目を入れておきましょう。

はらわたの処理はしません。

 

焼くときは魚焼きグリルやフライパンでも調理できます。

グリルや網焼きの場合は酢や油を塗って魚の皮のこびりつきを防ぎます。

フライパンの場合は便利な魚焼き用なクッキングペーパーなどを利用してもよいでしょう。

 

盛り付けるときに上になる方を下にして3~4分焼、裏返して6~7分、黒目が白くなったら焼き上がりです。

盛り付けは頭が左になるように置きます。

 

 

 

上手な食べ方は、頭から尾の方に向かって箸でグッグッと全体を軽く押します。

次に頭から尾まで中心部に箸をいれ、上半分を上方向、下半分を下方向にめくるように観音開きにします。

 

小骨やワタを取ります。

ワタは食べたい方はそのままでよいでしょう。

 

骨が見えるかと思いますので、尾を持って背骨を頭方向にはがします。

骨はさらの隅に置いて、おいしく秋刀魚をいただきましょう。

 

きれいな食べ方は見ていても気持ちがよいです。

 

 

 

ほかにも秋刀魚のレシピをご紹介しましょう。

 

かば焼きは簡単でおすすめです。頭と内臓を取り除き、水洗いをして、水けをふき、3枚におろします。

半分に切り、小麦粉を軽くまぶして、フライパンに油をひき、両面をこんがり焼きます。

 

さんまを一旦取出し、さっとフライパンをふき、酒、みりん、砂糖、しょうゆを各大匙2フライパンに入れて少し煮詰めて、先ほどのさんまを戻して絡めます。

 

お皿に盛って出来上がりです。

 

 

 

ほかにも、オイルサーディンはアツアツのご飯にのせてもおいしいですし、残りのオイルはパスタに使うこともできます。

味噌煮、甘露煮、竜田揚げなどのレシピがあります。

 

 

 

旬の時に安く手に入れて、様々な塩焼き以外にも、いろいろな食べ方を楽しんでみましょう。

Sponsord Link


次の記事 »
前の記事 »
トップページへ » 最新のニュースや、気になったニュースをお届けするブログです!

この記事へのコメント

最新のニュースや、気になったニュースをお届けするブログです! TOP » 未分類 » 秋刀魚のおいしい食べ方や、簡単でおいしいレシピを紹介します。

无觅相关文章插件,快速提升流量

ロスカットルール