家がとてつもなく寒い場合の対策をリフォームをできる人とできない人に分けて考える | 最新のニュースや、気になったニュースをお届けするブログです!

家がとてつもなく寒い場合の対策をリフォームをできる人とできない人に分けて考える


Sponsord Link


古い家屋などに住んでいると冬になると相当寒くなるケースがあります。

 

余りにも家の中が寒いと健康を損なうリスクまであり、深刻な問題になりがちです。

 

今回はそのような場合、どのような対策をとれば

とてつもない寒さを緩和することができるのか考えてみましょう。

Sponsord Link



まず、予算のある方でしたらオススメなのが、リフォームを行うということでしょう。

 

窓と窓枠を全て断熱性能の高いものに交換するだけでかなり室内の温度が違います。

 

古い家屋の場合、窓が1重窓であり窓枠もアルミである場合が多いです。

 

したがっていくら室内で暖房器具を使おうと

窓と窓枠から冷気が伝わり結局寒いということになります。

 

更に床暖房などを入れることをおすすめします。

 

床暖房はガスのファンヒーターや石油ストーブと違い室外機で温めますので

室内の空気を全く汚さないので子供たちの健康にもたいへん良いものです。

 

お風呂場にもガスの暖房器具を入れる方がいいと思います。

 

お風呂場は湯温と室内の温度の差が大きいと

心臓発作の原因となることが医学的に証明されており、

健康上の理由からもそうすることが最善であると考えられます。

 

このように予算のある人であれば先端の技術を取り入れながら

自由に快適な状態に部屋の温度を保つということができるのです。

 

 

 

問題はそういった予算のない方々です。

 

ここからはリフォームするような予算は持ち合わせていませんという方に、

寒い家での対策をお教えしたいと思います。

 

まず床からの寒さ対策にはコルクマットを引き詰めることをおすすめいたします。

 

足元からくる冷えを防ぐというのが狙いですが、床が全く冷たくなくなります。

 

コルクマットによって床下からの寒さが遮断されるという感じです。

 

 

そして2番目にカーテンを厚手のものに変えます。

 

最近ではホームセンターなどに行けば遮熱性のカーテンなどがおいてある店舗も多いので

その中から選ばれることをオススメいたします。

 

 

3番目の対策は窓と窓枠に遮熱シートを貼るというものです。

 

とにかく家を寒い状態から開放するには、

暖房で温めた室内の空気を守ることが一番重要だと言えます。

 

気をつけていただきたいのは窓や窓枠以外にも

室内の熱が逃げそうなところ(お風呂場など)には遮熱シートを貼るほうが良いと思われます。

 

 

また室内に加湿器を導入することも忘れてはなりません。

 

加湿してある状態の空気の方が、

暖房器具を使った時の暖房効果が高いことはすでに証明されています。

 

このようにリフォームをする予算のない方でも、

うまく知恵を絞ればいくらでも対策を講じることが可能です。

 

 

是非皆さんには色々と考えていただき、

家族みんなが真冬でも快適に暮らせるように家の中で対策をとっていただきたいと思います。

Sponsord Link


次の記事 »
前の記事 »
トップページへ » 最新のニュースや、気になったニュースをお届けするブログです!

この記事へのコメント

最新のニュースや、気になったニュースをお届けするブログです! TOP » 未分類 » 家がとてつもなく寒い場合の対策をリフォームをできる人とできない人に分けて考える

无觅相关文章插件,快速提升流量

ロスカットルール